立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
美術品・古文書

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて


伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足写真
伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足いよざねぬいのべくりいろかわつつみほとけまるどうぐそく
桃山時代
初代藩主 立花宗茂所用
立花家を代表する著名な甲冑です。全体にむだのないシンプルな形状で、質実剛健な具足ですが、胴の栗色革、草摺(胴の下に下がっている部分)の朱漆、佩楯の銀箔という色彩の組み合わせは大胆な華やかさも感じさせます。兜の脇立と後立は、欠失していましたが、平成四年に後立を、平成十年に脇立をそれぞれ新たに補いました。兜の𩊱(鉢の下方にさがっている部分)は、典型的な日根野𩊱で、肩繰りの深い、緊張感のある見事な形であるところも見どころのひとつです。
next



ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.