立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
美術品・古文書

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて


月輪文皺革包最上胴具足
鉄皺革包月輪文最上胴具足てつしぼかわつつみがちりんもんもがみどうぐそく
桃山時代
初代藩主 立花宗茂所用
胴に大きく描かれているのは、兜の脇立と同じ意匠の輪貫わぬき文(立花家の御道具帳では月輪がちりんと記されています)ですが、これを蛇の目紋とみれば、宗茂と親交があったといわれる加藤清正との関わりも想像され、興味深い意匠です。胴廻りは大振りで、地鉄は厚く、重量が草摺くさずり(胴の下部から垂らして大腿部を防御する部品)とも12キログラムと非常に重いものです。宗茂は、当時としてはずいぶん体格のよい人物であったことが想像されます。
backnext



ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.