立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
美術品・古文書

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて


金箔押桃形兜
金箔押桃形兜きんぱくおしももなりかぶと
桃山時代〜江戸時代初期
室町後期以降、アジア各地のみではなく、広くヨーロッパとの交易が行われるようになると、甲冑の形式にも南蛮文化の影響が見られるようになります。この桃形兜は南蛮兜の影響を受けて作られた兜で、桃形という名称は兜の鉢が桃の実の形を象っていることからきています。
立花家には同様の桃形兜が200頭以上伝わっており、戦場で一隊の全員にそろって着用させたものと思われます。また、これらの兜は桃山時代に製作されたものから、江戸時代初期の製作のものまで、複数の手に分かれますが、この中のいくつかは文禄の役、慶長の役の際に使用されたと伝えられています。
桃形兜は戦国期に多く用いられた形式の兜ですが、これほど大量に伝わっている例は他に見られず、貴重な作例といえるでしょう。
backnext



ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.