立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
美術品・古文書

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて


青海波に杏葉紋鐙
青海波に杏葉紋鐙せいがいはにぎょうようもんあぶみ
初代藩主 立花宗茂所用
鐙の正面左右にくぼみがつけられた両笑鐙りょうえみあぶみで、材質は黄胴(真鍮)製です。正面に杏葉紋を彫っています。立花家の御定紋は祇園守紋であることが広く知られていますが、これが成立するのはもう少し後になってからのことで、宗茂の所用品には大友家由来の杏葉紋が使われているのです。地文には青海波文(海の波のうねりをあらわす模様で、古くから吉祥模様として広く利用された)が彫られ、上部で徐々に小さくなり立体感が強調されています。
backnext



ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.