立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
美術品・古文書

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて


三日月図軍扇
三日月図軍扇みかづきずぐんせん
桃山時代〜江戸時代初期
初代藩主 立花宗茂所用
軍扇は、軍配や采配などとともに軍陣での指揮具の一種です。江戸時代の藩主所用品には黒塗のがっちりとした骨で表は赤の地紙に金の日輪、裏は金の地紙に赤の月輪のものが多くみられますが、これは骨も細く、木地で、金地で銀の三日月が扇面の中央をはずしてアシンメトリーにおかれています。優れたデザイン性を感じさせる軍扇です。
backnext



ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.