立花家十七代が語る立花宗茂と柳川
HOME  お問い合わせ サイトマップ
人物紹介・系図
歴史探訪 お出かけ・イベント情報
歴史探訪 お出かけ・イベント情報

コラム立斎合財 美術品・古文書 立花家ゆかりの史跡 年表
Q&A 書籍紹介 リンク ご挨拶・このサイトについて

日吉神社
福岡県柳川市坂本町7
日吉神社

柳川の産土神

初詣・宮参りなどの年中行事や結婚式など、柳川市街で産土としての役割を果たしている神社です。社伝によると正応3(1290)年に近江の日吉大社を勧請したのに由来するとされ、その後蒲池氏が柳川城を築いた際、その鎮守になったとされています。蒲池氏滅亡の後は立花宗茂や田中吉政によって神領を保護され、特に元禄9(1696)年には社殿の再興がはかられるなど、代々の藩主の尊崇を集めました。江戸時代の日吉神社は『柳河明証図会』中に見られるように、神宮寺として最勝院があり、いわゆる神仏混交の状態であったようですが、明治の廃仏毀釈により最勝院は廃寺となりました。

境内には柳川出身の作家長谷川健の文学碑、うなぎ供養碑など多くの石碑が建てられています。また古くは祭礼で、御神幸や流鏑馬などがあったようですが、現在は日吉太鼓がお祭りに彩を添えています。

柳川地図
1 御花・立花家史料館
2 柳川古文書館 3 福厳寺
4 三柱神社 5 日吉神社
6 天叟寺 7 柳川城跡
8 戸島氏邸 9 白秋生家

 柳川への交通アクセス

 歴史探訪目次




ページの先頭
 Copyright (C)2005 Muneaki Tachibana All rights reserved.